本文へ移動

ウィンドリペア

フロントガラスの飛び石補修

小さな割れ、ヒビの応急処置

フロントガラスの小さなヒビなら、ガラスリペアという補修方法があります。500円玉位の大きさより小さなヒビや傷であれば補修することができます。特殊樹脂で補修する修理方法で、それ以上ヒビを広げない効果と車検に通るよう目立たなくすることができます。小さなヒビでも放っておけば大きく割れる可能性もあります。飛び石で出来たフロントガラスの傷は放置しておくと、風圧や振動、温度差などで破損してしまう恐れがありますので、早期の補修をおすすめします。 但し、一度割れてしまったガラスは「完全」に元通りに修理できるわけではありません。

 

ガラスリペア(ガラス補修)はあくまで応急処置なので、完全な修復をご希望でしたら、ガラス交換をおすすめします。
 

キズの種類

ブルズアイ
ハーフムーン
スターブレイク
コンビネーション
追記:補修の後も跡が残ることがあります。見栄えに関しましても、施工前のキズの度合いによって様々です。あくまで補修でありますので、補修後に再びキズが伸長する場合もあります。また補修後の車検保障等出来かねますのでご了承ください。

注意事項

①フロントガラス以外のガラスはリペア出来ません。
 
②修理前よりヒビ割れ部分の強度は増しますが、新品ガラスの強度には戻りませんので、修理後にヒビが伸びる可能性があります。
 
③キズの状態によってはガラス交換をおすすめする場合がございます。
 
④補修液(レジン)は、ガラスに近い屈折率のものを使用していますが、リペア作業後、多少角度により破損部が見えることがあります。
 
破損箇所によっては補修をお断りさせていただくこともあります。
 ・ガラスの端より10cm位
  走行時の振動、ボディのゆがみ等で補修後も割れやすい

 ・エアコン吹出口付近
  あたたかい風や冷たい風が直接あたる部分は、温度差により補修後も割れやすい

 ・アイサイトなどの衝突被害軽減ブレーキ搭載車
  キズの場所によってはシステムが誤作動を起こす恐れがある

 ・運転席側のキズ
  光の屈折等で補修箇所が気になり、安全運転の妨げになる恐れがある。また車検に通らない可能性が
  あるため
 ・補修済みのキズ
  補修液(レジン)が硬化してしまっているので、キズに補修液(レジン)が浸透しないため
 
  その他ご不明な点ございましたら、最寄の営業所へお問い合わせください
      
TOPへ戻る